チェーンガードの自作は難しい

自作は無理かもしれない。
最初はアルミで叩き出そうと思っていました。
フチの折り返しをつくると、アルミの場合細かく切り取り繋ぎ直す羽目になります。

樹脂をヒートプレスで曲げる方法もありますが、バキュームフォームをして積層にせねば実用にたる強度がでないでしょう。

そこで、ヤフーオークションで取り寄せました。
「チェーン カバー」の検索結果 – Yahoo!オークション
自転車店のデッドストックが大半です。

リバイブに古いシティサイクル用のチェーンガードを装着してゆきます。

スポーツ車の大半はチェーンカバーが付いていません。
婦人用自転車のチェーンカバーはフルカバータイプです。
シティサイクルのチェーンカバーは上半分を覆います。

今回はシティサイクル用を取り付けます。
BB軸に共締めしてあるチェーンカバーステーに合わせてみます。
上下1㎝ぐらいずつたりません。
下側がチェーンに当たります。

通常は使うであろうステーの金物を取りのぞきます。
チェーンぶつかる下の折返しを金ノコで切って小さくします。

ステーにはめるためのステーをつくります。
先ほど外した余計な金物から1㎝幅の鋼材を切り出しくの字型に加工します。
適当に穴を開けてリベット止めします。
穴開けようのハンドドリルの充電器が切れていたので今日はここまで。

充電ドライバドリル FDS7DVA(SSK)グリップがいつも本気の日立工機製充電ドライバードリル

工作好き