カメラセールス実演

カメラを買うのに付き合いで出かけました。コンパクトデジタルカメラの、ハイエンドモデルをお勧めしておきました。ズームとGPSとその他もろもろ乗っかったフジファインピクセルのフラグシップモデル。

自分で買うときとまったく真逆で、写真をきれいに撮るためのお勧めモデルとしてこれにしました。彼が買うかどうかはわかりませんが、フジかなと。フジノンですし。

単純に撮影するだけなら一眼かネオ一眼。オリンパスが妙に安かったです。オリンパスのネオ一眼は倍率も高く、鳥とか飛行機を撮影するおもちゃに最適なのですが、いかんせんかさばります。常に持ち歩くキャリーカメラとして考えると、レンズが畳んで小さくなって、角を面取りをした薄型コンパクトモデルがお勧めとなります。

一方、私が使っているのは携帯に便利なソニーの薄型モデルです。おもに動画を撮影しています。レンズが固定なのでズーム倍率が小さいのですが、自作ステディカムを使ってズームの代わりに自分で寄のでズーム倍率は不要となります。このカメラ、スチールを取るとなんだか勝手に二枚とって合成してくれます。いいのか悪いのか、いまひとつ分かりません。ボタンを押す掛かりになったような気分です。

先日たまたまテレビ映画の撮影を見る機会がありました。サブカメラのハンディ担当の腕がよくて、なんだかカメラの一部品みたいに身じろぎもせず撮影する姿をみて、私はまだまだ甘いなと思いました。まだ、カメラの部品のレベルまで届いていません。

工作好き