ソチオリンピック

たのしみなのは、女子のスキージャンプ。あとスキーのハーフパイプがどうなるか。一体どんな技を出してくるのか気になるところです。スキークロスとスノーボードクロスも面白い。

ソチオリンピック2014 実施競技・種目比較 – JOC

アルペンスキーの湯淺選手のトレーニングをみて、私もトレーニングしたいと思った。毎年冬になると思うだけならタダなので体を鍛えようと考えるが毎回怠惰な性格に阻まれ実行はしない。筋肉を付けると皮下脂肪が減って寒くなると聞く。寒くなるのでは損である。痩せる利点はあるけれど、痩せたいとも思わないしなにか手間がかかって痩せる方法は絶対に続かない。

ストレッチが気持ちよく、そのうち痩せるという方法があるのなら試してみたい。寒いと身体を使わなくなるので代謝が減ってしまう。私の運動が主に自転車なのは良くない。風を切る分、寒いのだ。体が温まる前に冷えてしまう。散歩に切替えるべきか。

2月からソチオリンピック゜が始まる。アルペンはスキー経験があるから観て楽しい。

先の夏のオリンピックは家でぼんやりしているとちょうど眠くなる前に柔道が始まる。観るとはなしに観ていたが全然勝てないのが不思議だった。日本選手を応援していると精神衛生上よろしくないので競技として観ることにした。日本の柔道の人は試合運びが時節にあっていない。残念ながら応援のし甲斐がなかった。

良い試合をするなら応援するけどしないなら応援もしない。心情的には日本選手を応援したいけど、選手の上にいる柔道連盟のじいさんたちの指示でヘンな試合をしていたのはがっかりでした。もう柔道連盟の本部はフランスのパリに置いて科学特捜隊とおんなじに、パリ本部と無線でたまに連絡するくらいの小さい組織で良いとおもうよ日本柔道連盟。人員刷新したけど結局顔ぶれは対して変わらないのね。

年末のボクシングの試合も対戦者の外国人選手は応援したけれど、日本人選手の守りのボクシングは正直いただけない。前座の試合に出てきたタイの選手のほうが体の動きがいいしボクシングスタイルもきれいだった。メインイベントの挑戦者もなかなか強い選手で日本側のチャンピオンが守りに入るのは戦術としては理解できるが応援したいと言われるとしないなあ。おもわず打たれても倒れない南米の選手を応援してしまった。テレビの解説も公平に試合を説明すればいいのにへんに色をつけるのは良くない。たぶんオリッピックもなんとかして色づけしたいと手ぐすね引いているのでしょう。そういうのはもううんざりだから。

そんなに色つきの説明をするっていうなら、ネット中継でロシア語の放送をみちゃうね。試合として面白いほうを応援するので、ソチオリンピックでも知らない外人選手を支持すると思う。フィギュアの日本勢が強いのはわかったから、面白くみるには敵のロシア、フランス、イタリアあたりの新人のことを知りたい。フリースタイルも日本はなかなか勝てないので、頭の線が数本切れているようなレッドブル飲み過ぎの外国選手に目が奪われる予感。

工作好き