縦置きディスプレイは便利

新しいモニターが欲しくなりました。欲しくなるときは現状に不満があるときです。

私がパソコンでしていることは、おもにネットサーフィンです。そしてページのスクロールが面倒であることに気が付きました。

キーボードのシフトボタンを100円ショップのツボ押し棒で押したら腕を低い位置に置けるぞと考えたり、足下にキーボードから外したページアップとダウンのキーを置いて踏んだら楽ではないかと、毎月のように考えています。

どちらも問題はスクロールが面倒なこと。これに尽きます。

もうひとつの理由はフルHDのディスプレイでは長い文章を書きにくいこと

ディスプレイのサイズは24でも27でも、「フルHD」なら高さ1080pxまでしか表示できません。文章を多量に書く人には1080pxは足り無いのではないでしょうか。縦の高さに縛りがあるならディスプレイを縦にするのが手っ取り早い。

不満の原因がなにか分からないときは、きっと横書きがダメなのだろうと縦書きのテキストエディタを試したことがあります。やってみると文字の並びが縦かどうかは問題ではないことが分かりました。書くもう横でなれていますから、表示も横で充分。もっとも必要なのは文章が一覧で広く読めこると

ディスプレイの高さが1080pxでは全体が見えないのです。1920pxで横にずらずらっと長い文書も読めた物ではありません(意外とイケるのか?)、心の奥で文章の全体が見えないことを不満に思っていたのかもしれません。無意識の不満はなかなか見えません。不満は明文化されてはじめて理屈になり、理屈は積み上がるとなにか別の物と結びつき、ある日突然「結論」なるものを吐き出します。

今回の結論は「ディスプレイを縦に置きたい」でした。新しいパソコンが欲しいなあと考えているうちになぜか急に思い立って、ディスプレイを縦置きに改変しました。

いざ試して観ると、スクロールが不要となりネットサーフィンが快適になりました。ブログも楽にかけます。読む動作の間だにスクロールしないというのはこんなに便利なものなのですね。スクロールはずいぶん集中の妨げだったのです。

もちろん良いことばかりではありません。横にウインドウを2つ開いて作業したくても、もう横にはディスプレイの余裕はありません。これまで横にウインドウを2枚ひらいてしていた作業は、縦2枚で作業しなくてはなりません。

ほかに問題があるとすると、たとえばディスプレイが家に1台しかなくてテレビ兼用だとずっと縦置きは辛いかもしれませんね。その場合は最初から回転対応のディスプレイを買いましょう。

iiyama ディスプレイ モニター ProLite B2280HS-B1 21.5インチ/フルHD/5ms/HDMI端子付

文章書きには最高です。あとコード書く人も。





工作好き