カメラ三脚テーブルは可能か

たまにミニマリストというのですか、モノを持たない自慢の人が居らっゃいます。

私の机もいいかげんにコタツを片付けたい。しかしコタツユニットで組んだ枠の上にパソ今デスク被せてキーボードを置いて、モニターをコタツユニットに載せたためコタツとパソコンが分離できない状態です。

困ってないけど、夏の暑さに我慢できなくなったら時に構成を変える予定です。

幅が狭いテーブルなので、テーブルの天板と構造材を長くして横に長いテーブルがほしいところ。ノートを広げつつキーボードを置きたい。横幅はそうですね、畳一枚分の大きさで。キーボードの高さは今の位置で良いのですが、休憩のときにマウスを置く場所がいまよりも低くしたい。

とりあえず、カメラ三脚の上にマウステーブルを付けたもので5センチ下げて、ノートは血圧測定時に使う腕を載せる一脚に積んで書いてます。

不思議な構成ですがこれはこれで使えてしまうため、毎年テーブルを新調できません。先日リサイクルショップでみたパソ今デスクは樹脂と鉄でできていて、投げ売り1000円でした。あれを横に並べたら完成かも。

画板とかスケッチブックくらいの板を4枚もってきて、それぞれ三脚のアタマに付けて並べても良いかもしれません。使い道もないのに箱買した白馬の三脚が同じモデルで8台ほどありますので、8台で天板を支えるテーブルも作れます。

実際家の中に三脚を並べておくとホコリが積もって仕方ないのでやりませんけど。クイックシューで足が外れるし高さは自由自在なので、作ったら作ったで便利かも。天板が一枚ではもったいないので、8枚独立した板にしてジオラマ的なデスクができそう。Nゲージの箱庭の地面が可動式の面白構造になります。ただ、展開面積が大きい上にメリットがなくて掃除が大変。三脚を使うといざが使うときになくてこまってまた買うから自重。

工作好き