フットキーボード素案

フットキーボードの制作

なぜわざわざフットキーボードなど作るのか。高機能のマウスですべて出来ますが、手を使いたくないのです。頭を使っているとき、になるべく手を動かしたくありません。手になにか持っていると集中力が奪われます。同様に頭を使わないときも手を動かしていると、手にリソースを食われる気分になります。

フットキーボードはどんな物になるのか考えてみましょう。

少々高くつきますが、市販品のフットキーボードは大半がオルガンのペダルのように踏み込み式です。

フットキーボードに必要な機能

【条件1】
足を浮かせたくないので、足の裏は床に付いた状態とします。

文字を打とうとは思いませんので、必要なキーは絞られます。

webページの閲覧ですから、以下の条件となります。

【条件2】

      ページアップダウン
      右ページへの移動
      ページ閉じ

USBキーボードのユニットを取り外し、1つでも独立して設置出来るメカニクルキーボードの軸をキースイッチに使います。

キーの配置が自由ですから、たとえば踵にコントロールキーを当てて、左右にページダウン、アップを配置すればタブの移動と、ページの上げ下げができます。必要なキーは3こ。

「W」キーも欲しい、エンターも必要であるというならばもう2つ必要になります。

私のキーボードはキーボード自体が改造してありますので、エンターは不要かもしれない。「W」キーも、ちょっと指を伸ばしてキーボードにふれればよいので、この際外しましょう。

必要なキーの数は3個。そうめん空き箱の蓋をはずして

左pagedown      pageup右
       ctrl
       手前
このようなイメージです。

工作好き