心残り

チェーンではない古本屋に行った。駅近くの商店街だったろう場所にある間口2間くらいのお店。ほど近い場所にチェーン店が2つあるけれど期待せずにそこは行かずに個人経営店へ。そこに行くまでに寒暖の差が激しくて、ややくたびれてましたが、意図のある背表紙の並びをみていると体調が戻って来ました。

一枚、いい写真が置いてあり、いま思い出しても買えば良かったとおもう写真なのですが、あれは買って置いた方がよかったのか。入手しにくそうなノベルティ風のグッズで、いやでも買ってどうしろと言う感じだったのでパス。ただ心はそこに置いてきた感じです。

だいたいこういうのは次ぎ行くとないの。





工作好き