飛び地

戊辰戦争では、飛び地を守るために笠間藩が磐城平藩を攻めたのが面白い。

笠間は茨城の真ん中あたりにあります。どういうわけか新政府側につきます。棚倉とかいわき、相馬中村は立地が伊達に近すぎるため、奥羽越列藩同盟の側につきましたが、ほんとうは戦いたくなどなかったはず。

笠間藩、草野、四ツ倉あたりに飛び地の領地があり、それを取られたために参戦。しかし装備が貧弱で攻めに使えないため、守備をしてろと後ろに下げられる。

市公式Facebook連載シリーズ「いわきの戊辰戦争」その9 | いわき市役所

工作好き