合成皮革の直し方

京大の小出助教授がテレビにご出演。

大学の助教授の部屋で撮影したみたい。座ってる椅子がボロいの。黒い合成レザーのハイバックチェアで座ったとき左肩の上になる背もたれの角が肌色の布ガムテープで補強してあるの。

あれ直せばいいのに。私が助手だったら小西のGクリアーで直しちゃう。

直し方はまず、どこかから質感のちかいレザーを持ってきます。合成皮革で黒なら、身近なジャンクで間に合うでしょう。ようはビニールです。もし穴があいているなら、内側に皮を張り込みたい。まず穴より一回り大きめに皮を角丸で切り抜きます。竹ひごなとで内側に押し込んで広げます。その後、コニシのGクリアーで接着。乾燥するまで上から養生テープでなどで押さえて丸一日かけて乾燥させます。コツは皮の接着面をあらかじめ紙ヤスリで軽く削ること。当然穴から見える部分はヤスリなどかけず、そのままにします。接着剤をはみ出させないことがコツ。

表面に傷がある場合は、傷の周辺を軽く紙ヤスリで削り、上から同様にGクリアを使って補強します。接着剤はクリア(透明)で目立ちませんが、素材が黒なのではみ出しに注意しましょう。貼りつける合皮にもし布などの裏張りがあるなら、縁の部分の裏張りを完全に削ってから張り付けます。自転車のバンク修理の要領です。椅子に座る度に下に引っ張られるので、傷より気持ち一回り大きめの丸、もしくは角を丸めた皮をパッチとして貼ります。貼りつけるパッチの角は直角ではその部分からはがれてしまうので必ず丸く押さえましょう。余裕があったら外科手術用の針を使って力がかかるボイントに糸を入れるとよいでしょう。木綿針をガスの火であぶって曲げて磨いたものでも使えます。ただ、接着面が広ければ縫わなくても平気。

接着にはGクリアで。もしくはウルトラSUで。 皮の接着で
ウルトラ多目的 キャンペーン情報 | コニシ株式会社

強度や入手性を求めるならG17が一般的です。しかしG17は接着剤が黄色くはみ出すと始末が悪い。今回のような黒の場合クリアな接着剤を使うべきでしょう。
ボンド G17を使ったロケットの燃料の作り方について質問があります。 – Yahoo!知恵袋

なんにせよ、業界の良心をつまはじきにして万年助教授にしておいたのは失敗。たくさんいる原子炉学者のうち、定年後引く手あまたになりそう。京大が手放さないか。いままでテレビに出てきた原子力擁護派の、高いスーツの先生たちにはこの先あまり明るい未来はないだろうけど、小出助教授は精気にあふれていい顔をされてました。スーツじゃなくてポロシャツだった。

Amazon.co.jp: 原発はいらない (幻冬舎ルネッサンス新書 こ-3-1): 小出 裕章: 本

工作好き