Vista

昨日の日記を読み返してみて、書けてないので書き直した。

書き直したからと言ってよくなったとも思えない。気休めである。

誰かにかけといわれて書いている日記でもないので書きたいように書こうと思う。

なんとなくレイアウトを変えようと思った。とりあえず、右側にあるボタンは利用頻度低いので差し替えるかもしれない。もっとテキストエリアを狭くするかもしれない。

ヘッダの画像も別なのに差し替えるかもしれない。でも何もしないかもしれない。

確実なのは相変わらずブログはやらなそうなことだけ。ビスタの発売に狂喜乱舞する眞鍋かをりをみて、ますますその思いを強くした。

Windows Vistaが発売、眞鍋かをりさんも「買いました」

ビスタの処理能力がブログの完成度と相関関係があるとは思えないのだが、女王様は大ハシャギだった。

さて私はいつビスタにすべきだろうか。

ブログの女王ではないから、今すぐビスタにする理由が無い。MSのイベントにも呼ばれないのでべつに義理ないもんなあ。

ビスタは画像編集ができるらしいので、画像編集ソフトをもっていない人は買うといいかもしれない。ふつうはフォトショップLEくらいで十分だと思うけど。あんまり使わないかもしれないけれど、動画編集ソフトがバンドルだってさ。

秋葉原街角インタビューで「XPは処理能力が遅い」とのたまうおっさんが出てきたが、あのオッサンはなにをどれだけ処理しているのだろう?

核開発でもしてるんじゃないか。

とりあえず現行のWindowsでなんの問題も無いので、不都合が出ない限りしばらくこのままだと思う。前の98も、いよいよ仕事にならなくなるまで5年くらい平気で使ってたから、いまのOSも長く使うような予感。

Windowsでなきゃならない理由も薄くなりつつあるので、ラーメンズのCMがステキなマックに乗り換えようかと嘘をついてみようと思ったが、あまり気乗りしない。

私の場合Webオーサリングソフトを使うので、アプリが対応するマックOSかWin以外は考えられないのだが、このオーサリングソフトさえ動けばべつにどの環境でも構いやしない。

もしLinuxに気の利いたWebオーサリングソフトがあるなら乗り換えるだろう。多分無いけど。

Web上にGoogleページビルダーVer.12なんてものが仮にあったら、もしかするとWindowsをやめるかも知れない。いまだってホームページなんか作るのをやめてブログにすればそれで十分で間に合ってしまう。

ここまでくるとWindowsを使う義理が無くなるかも。

世間の人はホームページなんか作らないしブログで間に合ってるんだから、明日からLinuxにでもすれば良かろうと思うのだが、Linuxなんか使う知り合いはいないのはたぶん、アレは誰が使っても使いにくいんだろうなあ。

人それぞれ捨てられない何かを抱えてWindowsを使っているのだ。

でも時代の流れはどっちかというと、Webっぽいような気もする。

サンのオープンオフィスがWeb上で使えるようになって、ブログがサーバー上の技術で動いていて、Googleマップがブラウザーでぐりぐり動いている。だから、手元にあるパソコンの仕事が少なくなってブラウザさえ動くOSが出ればポケットPCでもブラックベリーでもそれで十分担ってしまう時代が来るのかもしれない。

だけれどたぶんこれは素人考えで、裏ではOSの中の人が複雑に絡み合っているだろう。

でもさあ、任天堂がブラウザを作れば終わりでしょ?

すでにWiiにはブラウザとしてOperaが乗っているのなら、ブログが投稿できるなら、パソコンなんかやめてWiiで仕事が済むのかも。DSがノート並の性能になったら、ノートパソコンはどうなるんだろう?

Opera、任天堂の次世代ゲーム機「Wii」向けWebブラウザを提供

法人向けモバイル端末「ブラックベリー」潰しを狙うパーム・MS連合

ブラウザだけで表計算が出来るとは思わなかったもんなあ。僕の考えを越えた場所で何かが進化している。

Google、WikiツールのJotSpotを買収
 Googleは、Wikiを使ったコラボレーションソリューションを提供するJotSpotを買収し、そのサービスをGoogleに統合する。既存のJotSpot会員へのサービスは無料になる。

Googleは表計算だけではなくて、Wikiまで買うのね。

07/01/31





工作好き