リバイブ用カバン・キャリアー

カメラ機材を抱えて隣町に行きたくなりました。

メッシュワイヤにバッグを装着
メッシュワイヤにバッグを装着

バック装着例。
大判の巾着袋にカメラ機材とカメラが入っています。

【どうしてこうなった】
カバンがずり落ちるので、白いガイドに縛り付けています。
そこで100円ショップの金網を装着。
ハンドルポジションチェンジャーで22ミリの肉厚アルミパイプ取り付けています。

ハンドルのパイプは外径22ミリと特殊な物です。
一般的なホームセンターでは20ミリか19ミリとなります。インチパイプやイレクターでは太すぎます。
使っていないストレートハンドルをカットしてもよいでしょう。
ちなみにVP16の塩ビパイプの外径も22ミリです。

【リバイプは軸が太い】
ママチャリ用の前カゴステーは流用できませんでした。
20インチHEの前ハブ軸は普通のWO用の軸より太く前カゴ台座用のワイヤステーが着きません。
取り付け穴を広げるにも鉄なので諦めました。仮に削ると、ステーのネジ穴の肉厚が2ミリくらいになってしまいます。

【安全設計】
リア用のキャリアを改造すれば着きそうです。
ただ、安くてごつい鉄製のキャリアを前に付けると重い。重いとハンドルを取られます。
万一ぶつかったとき、歩行者や相手の自転車への衝撃が大きくなるので却下します。
対物であったり自分はともかく、相手にケガをさせるような構造はやめておきます。

以前、横道から飛び出してきたママチャリと正面衝突して押し倒されたことがあります。
双方の前カゴが潰れて、地面にころがされました。
アスファルトの冷たさを感じながら、カゴが衝撃を吸収してくれたのだなと感心しました。

【材料】
材料は100円ショップの壁掛け用メッシュです。
白いビニールコートされたインテリア素材です。

【取り付け】
ハンドルポジションチェンジャーに取り付けたアルミパイプに結束バンドで縛り付けてあります。
下部は小さいL字金具をハンドル直下のステーに取り付け、薄いシナ化粧板を直角に付けています。

カバンを付けて、走行中ずれない。ぶつかったときも、被害が最小になる。

以上を目標としてつくりました。

おなじみハンドルポジションチェンジャー

工作好き